診療時間

平日:9:00〜21:00(予約制)

土 :9:00~12:00(予約制)

​日・祝 :定休日

​土井はりきゅう治療所

〒640-8472

和歌山市大谷135-2

電話:070-5651-9753

LINE@:@doihariq 

​小児はり

子どもの疾患に特化した鍼治療法で、古くは江戸時代にその記述があります。

大阪を中心として、明治から昭和中期にかけて大きく発展しました。大阪には、小児鍼の治療院が多くあった地域に針中野(はりなかの)という地名があり鉄道の駅名にもなっています。

小児鍼の対象年齢は生後一ヶ月の乳児から児童までで、

対象疾患はいわゆる「疳(かん)の虫」といわれる夜泣き、夜驚症、かんしゃく、ひきつけや夜尿症(おねしょ)などです。小児鍼は「疳(かん)の虫」の治療に多く用いられてきたことから「むし針」とも呼ばれています。

【かんむし・むしきり】など耳にしたことのある方も多いかと思います。

小児鍼(しょうにばり)は、鍼といってもいわゆる刺す針ではありません。形はギターのピックやヘラのような形のもの、爪楊枝を束ねたような形のもの、ギザギザの付いた歯車のような形のものなどがあります。

どれも刺す機能はなく、皮膚表面を摩擦して刺激を与えるためのものです。痛くも怖くもなく、むしろ気持ちがよい刺激といえます。